読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

背骨

全然自分の中で消化しきれてなくて、別に泣きくれるとか、怒り狂うとかそんなこともなく淡々としてる自分にちょっと驚くくらいなんだけど、でも今、何書いてもきっとしばらくしたら違う、違うって消して書いて消して書いてになりそう。

でも一言だけでも記録しておきたいと思って。

一個だけとても強く思うのは。

 

すまにとって飯島さんは背骨だったんだな、ってこと。

 

背骨を引き抜かれたら誰が何がどう頑張っても、どんなに本人や周りが立っていたい、いよう、って思っても立っていられない。そういうことなんじゃないかって思ってる。