読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真加工について考えてみた

Jゴト(V) Ken

パラリンピックが近づいてきていきなり各種テレビ誌に健くんが出るようになってあわあわしながら書店に通う毎日。先日はHontoカード?なるものを作りましたよ。もう紙の本はあまり買いたくないのだけど、らぶせんが終わる今、健くんのお仕事にお金を出せるのが紙メインなので、もうそりゃ払うわと(の割にはfujisanとかで安く定期購読してますが)

 

で、だ。テレビ誌ってあんなに画像修正かけるものなんですかね(笑)

ドル誌は昔からガッツリ加工かけてたけど、その他の雑誌はそうでもなかったと思うんだけど。

肌の質感が完全にお人形みたくなってた。あの人はメイクさえちゃんとすればそんなに加工しなきゃいけない肌ではないと思うのだけど、もう誰だったらするとか誰だったらしないとかそういうの面倒くさいから一律げーのーじんは最大級の画像加工で!!ってなってるのかも(笑)

某後輩くんはほほにがっつり傷のあとなのかな、残ってるけど、テレビそれも生だとしっかりわかるけど紙の画像になるときれーにないもんね。ってことはお肌キレイだなあって女優さんも実はってことあるのかもしれない。

 

個人的には素人目にわかるほどの画像加工はちょっとなあって思っています。オタって、例えば肌荒れとかクマとかそういうのも見たいってへんな癖あるものですよね(笑)

でもまあ、書店やコンビニで横目でなにげなく見てるような人に手に取ってもらうにはやり過ぎってくらいやらないといけないのかもしれない。

 

BWの写真を撮られた森栄喜さん、自然光にこだわった作品はホントに優しい気持ちになる写真。最近のHanakoも森さんであれも素敵だった。ごりごりの加工写真とは真逆のようなアプローチ。ああいう方が好きな人多いと思うけどなあ。

 

カメラの技術がどんどん進化してそれこそ毛穴まで写るようになって、それを隠すために加工の技術がどんどん進化してってなんだかいたちごっこのような気がするのは私だけですかね。