読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強い意志の込められた返事

完全なるワタクシ事ですが、我が家はテレビよりPCのほうが画面が大きいのです(笑)普段はPCは何らかの作業がメインで、BDドライブもつけてますが、そんなに盤を見ることはないのですが(見始めたら作業が進まないからねw)歌舞伎DVDが来てからと言うもの、無意識のうちにつけてしまっています(ええ、ドライブに盤が入りっぱなしですw)

 

もっとちゃんと感想とか固まったら書こうかと思っていたのですが、そしたらいつになったら書けるかわからない上に、どうしても!どうしても!!!言いたいことがあったので、急遽はてぶを開いた次第。

 

本当に個人的な趣向、(もはや○癖といってもいい)私の好みの問題ですが、ほぼ無意識に何度も何度もリピったところがありまして。

 

ドキュメンタリーの公演初日、幕が開いた後、演舞場の楽屋口(だよね?香盤表があるから)で健くんが一人最後の振りの確認してて、そこにスタッフの方が「三宅さんお願いします」って声をかけたとき、

 

「はい」

 

この返事が、もう倒れそうなほど好きです。

 

健くんの声って、キャラメルボイスとか、アヒル声とか言われるから、高いってイメージあるけど、でもラヂオ聞いてると決して高くはない、個性的だけどね。

でも、この返事のときは、びっくりするほど低くて、一瞬誰の声かわからなくなるほどで。(まあ、でも間違いなく健くんの声なんだけど)

で、すごく強い意志のこもった返事だなって思った。決意?みたいなそんな感じ。まさしく戦いに行くような。

 

表情はすごく固くて、私、初日見てましたけど、(Maybeのイントロかかって「嘘でしょ!?!?」って思わずつぶやいちゃって友だちにびっくりされたwww)登場したときの健くんの表情は今でも忘れられない。でも、あの直前にあんなに強い返事をしてあの場に向かったんだって思ったらもうなんとも言えない気持ちになった。

 

 

あと、もう一つ、ちょっとほっこり?したのが、滝様との対談の中で、健くんがタッキーに「お前の笑顔が見たい」って言った件を話してたとき、ここでは?俺といるときは?だったかな、笑っててほしい、みたいなこと言ってて、あれ?デジャヴ?って。Songsでごーくんがオカダくんに言った名森田語録「(岡田の背負ってるものとかわかんないから)ここにこうやって集まっているときくらいは笑っていてほしい」ってやつ。

ご、ごーけん!って(笑)

 

ま、そんな感じでドキュメンタリーばっかり見てて、正直本編あまり見てなくて(見始めたらまたエンドレスリピになってやらなきゃいけないことできなくなっちゃうw)だからちゃんと全部見て、落ち着いて書ける日が来たら書きたい。そんな日が来るのか自分でも不安だけどwwww