読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動が示すもの

女性誌に泣かされるとは(差別発言)

 

某やふ(まったく某じゃないw)ニュースのトップに出ちゃって、ここのところこの手話関連がこんなに大きくニュースになるなんて健くん自身もびっくりなんだろうな。

 

いやいや、本当にいい記事でした。女性誌でもこんなにいい記事かけるんじゃん!って(差別発言2回目)

 

パラリンピックに限らず、日々のいろいろな場面で障害者に対するなんていうか無意識の上から目線みたいなのがあちこちにあって。そして、多分自分もそういうところがあったことも否めないことを、私も手話をはじめてろう者と知り合って気付かされた。

だから、その事実自体を、「理解が足りない!!」って目くじらを立てるつもりはないけど。というより、そういうことに気付かないでいられてしまう社会が問題なんだと思うし。

だからこそ、健くんのような人がこういうふうに発信してくれることがどれだけ大きなことかって思うんですよね。

先生とか呼ばれる人じゃなく、社会福祉の専門家でもなく、意識高い活動家でもなく、でもその声が広く多くの人に届くアイドルって人が言うことにどれだけ影響力があるか。

 

やばい、また堅くなってきたw

 

多分ね、これから2020年に向けて、げーのー界でも色んな人がこの分野に乗り込んでくるんだと思うんです。いやらし言い方すればビジネスチャンスだから。

 

話逸れますけど、ゲーノー界にかぎらず、私、何年か前から東京マラソンのボランティアやってるんですけど、(それは単に楽しいから)去年くらいからボランティアやりたいって人が明らかに増えて、ほぼみんな東京オリンピックやりたいからって。ま、いいんです、それで楽しいねってなってその後も続けてくれれば。

 

戻ります。

きっと各事務所、これから一押しの子たちをオリンピック、パラリンピックにねじ込んでくると思うんです。特にパラはイメージ良いしね(こういう言い方するのが嫌らしいね、私)Jだって正直健くんよりもっとねじこみたい子はいるんだと思う。

だから、仮に2020年の時に健くんが外されても、そりゃ悔しいし、まじ事務所ふざけんなって思うけど、でも、きっとだからといって健くんのこの根っこの考え方や気持ちは変わらないんだろうし、きっと手話も、ろう者の友だちたちとのおつきあいも変わらないんだと思うんです。

 

で、こういうふうに取り上げられるようになっても、きっと洋服が大好きでwきれいな足の女の子が大好きでwきれいなモデルさんも大好きでw

ちょっと困ったほっとけない人であることも変わらないwww

 

誰よりも練習して誰よりも立ち位置気にするくせに、本番になると間違っちゃったりw

足つぼ押されてどこが悪いんですかってなったら「頭(の使い過ぎ)」って言われちゃうくらい気を使うくせに、もっと俺たちを見てくれよ!って言われちゃったりねwww

 

何言いたいか相変わらずわかんないけどwwww

 

ま、こんなこと言ってると健くんに「なに言っちゃってんの?渡さないよ、この椅子」って言われるんだろうし、そんな風に思うであろう彼がやっぱり好きだし。で、そのためにものすごく努力するんだろうし。

そんな彼を応援していきたいなと思うのです。(強引なまとめ)